/

この記事は会員限定です

外食苦悩、割れる対応 都が再び時短営業要請

[有料会員限定]

12月の本格的な忘年会シーズンを控え、外食業界は営業時間の短縮要請に応じるべきか難しい判断を迫られている。

東京都の場合、28日から20日間、島しょ部を除く都内全域で、酒類を提供する飲食店などを対象に営業時間を午後10時までとするよう要請した。応じた中小事業者には協力金として一律40万円を支払うが、個人店の判断は分かれた。

「協力金が出るなら従う」。中央区で海鮮居酒屋「花見月」を経営する40代の男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン