/

この記事は会員限定です

高島屋、海外不動産に活路 200億円投資、まずベトナム

[有料会員限定]

高島屋は海外の不動産事業を新たな成長のけん引役に据える。2021年春以降にベトナムで現地企業と組み、富裕層向けの学校や商業施設など4つの大型施設を開発、運営する。海外は不動産開発を主軸に今後3~4年で200億円規模を投じる方針。新型コロナウイルスの影響で百貨店事業の苦戦が長引く中、不動産事業に活路を見いだす。

高島屋はベトナム・ハノイ市中心部から北西に約6キロメートルのエリアで進む、副都心の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン