/

この記事は会員限定です

外国金融人材、海外資産の課税免除拡大 政府・与党

[有料会員限定]

政府・与党は日本の国際金融都市としての地位を高めるため、外国の金融人材を誘致する税制優遇の概要を固めた。海外資産に対する相続税の課税を免除する対象を広げ、金融に関わる高度人材などは滞在期間を問わず免除する。12月にまとめる2021年度税制改正大綱に盛り込む。

アジアの金融センターである香港が政情不安で揺れるなか、税優遇で優秀な人材や海外ファンドの誘致を目指す。

現状では外国人でも日本での滞在が10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン