/

この記事は会員限定です

身代金ウイルスどう防ぐ データ保管、社内ネットと分離

[有料会員限定]

「暴露型」のランサムウエア(身代金要求ウイルス)の被害にあう企業が増えている。自社が攻撃を受けたらどのように対処すればよいか。サイバー対策の専門家の助言をもとにまとめた。

Q 暴露型のウイルスの被害にあったらどうすればよいのか。

A 多数のパソコンやサーバーのデータが暗号化され、使用できなくなる。早く業務を再開するためにも、まずは業務システムの復旧手順を熟知するIT(情報技術)企業などへの相談が欠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン