/

この記事は会員限定です

証取、ESGデータ取引が主戦場 ドイツ取引所が米ISS買収

[有料会員限定]

ドイツ取引所が米議決権行使助言会社、インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)の買収に動いた。背景に浮かぶのが、売買の場を提供するという伝統的な事業が成熟を迎えた取引所ビジネスの変容だ。成長の主戦場がデータビジネスに移りつつある。とりわけ熱い分野がESG(環境・社会・企業統治)絡みの情報サービスだ。

ISSは取締役の選任をはじめとする議決権行使の判断の助言サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン