/

この記事は会員限定です

岡山高島屋、地産品フェアで絆強く 自治体などと連携

[有料会員限定]

岡山高島屋(岡山市)が、岡山県内の自治体や商工団体と連携し、地域産品の販売拡大に力を入れている。2019年に高梁市と組んで1回目のフェアを行い、20年5月からは「おかやまいいもの探訪」と題したフェアをほぼ毎月開催。販路開拓やブランディング支援などを通じて関係性を強めている。

18日から24日まで、県南西部の浅口市、里庄町をエリアとする浅口商工会が「あさくちフェア」を開催した。フェアの会場には特産の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン