/

この記事は会員限定です

メガバンク四面楚歌、地銀は落城危機 日本の論点2021

NIKKEI Financial 編集長 佐藤大和

[有料会員限定]
新型コロナウイルスの感染拡大で2021年は非常に不透明感が強い。日本の経済・政治はどう変化するのか。世界情勢の行方は。日本経済新聞の編集委員、コメンテーターらの見通しを、このほど出版した『これからの日本の論点2021 日経大予測』(日本経済新聞出版)から紹介する。

冒頭から恐縮だが、いまメガバンクなどの銀行経営者にとって最も耳の痛い数字の話から始めたい。「PBR(株価純資産倍率)」という投資指標だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン