/

この記事は会員限定です

株、信用取引の損益率改善 個人の買い余力増す

[有料会員限定]

信用取引で買った株式の含み損益の度合いを示す信用評価損益率が今週に入り改善している。株価の大幅上昇を受けて個人投資家の買い余力が増したことで今後、幅広い銘柄への循環物色が続くとの見方が出ている。

松井証券によると顧客投資家の信用評価損益率は26日時点でマイナス7.02%。マイナス幅は前日と比べて約0.8ポイント、前週末と比べて同1.5ポイント縮小し、10月14日以来の水準に回復した。窪田朋一郎シニアマーケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン