/

この記事は会員限定です

[社説]経済と安保のバランス取る日中協力を

[有料会員限定]

菅義偉首相、茂木敏充外相と来日した中国の王毅国務委員兼外相の一連の会談では日中間の経済協力に一定の進展が見られた。安全保障での隔たりは大きいものの、原則を守りつつ、バランスの取れた協力を進めることが肝要だ。

双方はコロナ禍で停止した日中のビジネス目的往来を巡り11月中の再開で合意した。中国による日本産食品の輸入規制問題を話し合う協議体設置は前向きな動きだ。

一方、東シナ海、南シナ海など安保分野では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン