/

この記事は会員限定です

薄鋼板、2年5カ月ぶり上昇 車生産回復で一転品薄に

流通価格、熱延3%高 造船・建材の需要なお弱く

[有料会員限定]

自動車や機械などに使う薄鋼板(薄板)の流通価格が約2年5カ月ぶりに上昇した。自動車生産の回復で需要が上向く一方、生産量は新型コロナウイルス禍で鉄鋼メーカーが減産した水準から回復しきっておらず、需給が急速に引き締まった。原料高などを背景にメーカーが打ち出した値上げが流通段階で浸透し始めた。

薄板(厚さ3ミリメートル未満の鋼板)の基本品種である熱延薄板は、1.6ミリ品の東京地区の流通価格が現在1トン7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン