/

この記事は会員限定です

米銀が証券投資に傾斜、預金急増 融資は細る

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米銀が証券投資に傾斜している。JPモルガン・チェースなど商業銀大手4行は2020年に入って証券投資などに約1兆2千億ドル(125兆円)を回した。新型コロナウイルス禍で預金が急増した一方、貸出先が減った。貸し出しで稼ぎにくくなる姿は、90年代後半以降の日本の金融機関と重なる。米銀は収益力の低下に直面しており、部門売却など事業の再構築を急いでいる。

米調査会社ファクトセットの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン