/

ビットコイン、一時2000ドル超の急落 規制強化観測

ビットコイン価格は新型コロナ禍直後に5000ドル弱まで下落した後、過去最高値(約2万ドル)目前まで急騰していた=ロイター

代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコイン価格が26日急落した。調査会社コインマーケットキャップによると26日夕時点で1万7000ドルを割り込み、1日の下落幅は一時2000ドルを超えた。米国で暗号資産に関する規制が強化されるとの見方が出たのがきっかけとみられている。

ビットコイン価格は新型コロナウイルス禍直後に5000ドル弱に下落した後、仮想通貨バブルの2017年12月の過去最高値(約2万ドル)目前まで急騰していた。

マネックス証券の大槻奈那チーフ・アナリストは「コロナ下での上昇が急だっただけに調整は必至というのが市場の認識。ささいなきっかけがバブル最高値圏で買った投資家など売り方の背中を押した」と指摘する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン