/

就活に生かす「投資の視点」 動画で学ぶ経済・金融

マネーの世界 教えて高井さん 総集編

「時は金なり」。言い古されてきたこの言葉は、これからビジネスパーソンとしてのキャリアを探る若者にとっても真理だろう。

限られた時間を「良い会社」を探すために効率よく生かす。仕事・会社の選択は「時間という資源を投じて自分を磨く場を選ぶ」ことでもある。「時間」を「お金」に置き換えれば、就活と投資の共通性が浮かび上がる。

とはいえ、なじみが薄い人にとっては「投資の視点」の習得はハードルが高いと感じるかもしれない。今回の「教えて高井さん」は総集編として、楽しみながら経済や金融の基礎を学ぶ「はじめの一歩」の踏み出し方を、シリーズの動画を活用して紹介する。

まずお薦めは株式会社と株式市場という市場経済の「ど真ん中」のメカニズムについてイメージをつかむこと。株式入門用の以下の動画が入り口になるだろう。

次に「投資の目」で企業を見るためのツールとして企業会計の基礎を押さえたい。決算や会計の基礎はビジネスパーソンの必須の知識でもある。

株式市場と決算・会計の接点として、PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)という代表的な投資指標まで理解が進めば、「投資の目」を身につける第1段階はクリアできる。面白さが分かってきたら、電子版のコラム「記者の目」の中から興味のある企業の分析記事を読んでみてほしい。

経済を理解するうえでは、企業を見るミクロの目と一緒に、経済全体を見渡すマクロの視点も欠かせない。とっつきやすい入り口は、金利の重要性を解説したこの動画だ。

国内総生産(GDP)やデフレ・インフレなど物価の動き、景気変動の仕組みを解説したシリーズに金融政策を読み解いた3つの動画を組み合わせれば、マクロ経済について学ぶ最低限の土台ができる。

最後に就活生の方々に是非、視聴してみてほしいのが、レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏の対談ライブだ。「ひふみ投信」で知られる藤野氏は株式運用の第一人者。対談では、「プロとは何か」「最良の投資先が『自分』なのはなぜか」といった職業観、人生観まで踏み込んで語ってもらった。就活だけでなく、その先のキャリアを見据えた貴重なヒントが得られるだろう。

ひふみ投信 藤野さんと語る資産形成のニューノーマル(YouTubeリンク)

https://youtu.be/WeyxY4uJqI0

毎週末、新しい動画を公開します。YouTubeにもチャンネルを開設。「マネーのまなび」のツイッターとも連携します。
是非、フォローをお願いします。
YouTubeチャンネルのリンクはこちらです。
https://www.youtube.com/channel/UCaD-0G5ElWKkHZZBIe4JH6w/
ツイッターのアカウントはこちらです。
https://twitter.com/nikkei_manebi

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

難しげな専門用語が多く、とっつきにくい経済や金融の世界。ベテラン記者の「高井さん」が勘所をかみ砕いてスッキリ解説します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン