/

この記事は会員限定です

釧路は店名公表も、繁華街が恐れる「すすきの化」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で逆風にさらされる繁華街が自己防衛に乗り出す。北海道釧路市中心部「末広町」のビルオーナーらは感染者を出した店名を独自に調べ、公表する検討を決めた。北の繁華街が共通して警戒するのは、地域が丸ごと敬遠される「第2のすすきの」の出現だ。

「店名を出せばデマは止まる。今こそ全体のためにという発想だ」。釧路市中心部、末広歓楽街のビルオーナーらで構成する「歓楽街コロナ対策連絡協議会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン