/

この記事は会員限定です

エアバス向け合弁解消 中部の航空機部品、縮小広がる

[有料会員限定]

中部の航空機サプライヤーが相次いで事業を縮小している。世界二大航空機メーカーの1つ、欧州エアバス向けに部品を製造する名古屋市の合弁会社から、株主だったフランス企業が資本を引き上げた。三菱重工業が凍結を決めたジェット旅客機「三菱スペースジェット」(MSJ)の影響も広がる。航空機産業の低迷は、中部経済の下押しにつながりかねない。

「航空でアクセルはもう踏めない」。特殊鋼卸の山一ハガネ(名古屋市)の寺西基治社長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン