/

この記事は会員限定です

貨幣のダムにかかり続ける負荷 渡辺博史氏

国際通貨研究所理事長

[有料会員限定]

地球温暖化が原因かどうかは別にして、水にも空気にも気候変動に伴う現象が明らかに発生している。

水の例でいえば、海水温の上昇が台風に影響している。巨大化が進んでいるほか、従来はフィリピン沖で発生していたものが、最近は台湾沖、さらには沖縄近海でも発生する。日本列島への襲来期間も短くなり、1日、2日で直接の影響が及ぶようになった。予測技術の向上にもかかわらず、「突然感」による災害への懸念が募っている。ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン