/

2021年新年一般参賀は開催見送り 宮内庁発表

宮内庁は27日付で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2021年の新年一般参賀を開催しないと発表した。全国から多くの人が皇居に集まれば、混雑が避けられないと判断した。20年の新年一般参賀には約6万8700人が訪れていた。

新年一般参賀は天皇、皇后両陛下や皇族方が皇居・宮殿のベランダに立ち、陛下が新年のお言葉を述べられる正月の恒例行事。今年2月には天皇誕生日一般参賀が予定されていたが、感染リスクを考慮し中止していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン