/

この記事は会員限定です

欧州のコロナ規制、クリスマスに緩和 感染再拡大の危うさも

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴、ベルリン=石川潤】欧州の主要国が相次いでクリスマス期間中に新型コロナウイルス対策を緩和する方針を打ち出した。市民の不満を抑え、経済を支えるための苦肉の策だが、感染の再拡大につながる危うさもある。

「例年とは異なるが、家族でクリスマスを過ごせる」。マクロン仏大統領は24日、コロナ対策の規制を28日から段階的に緩めると発表した。同日から小売店の店内営業を認め、12月15日からは外出制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン