/

この記事は会員限定です

自治体の電子化推進度、市区町村1位は大阪・豊中市

日経グローカル

[有料会員限定]

菅義偉政権が国と地方自治体のデジタル化を強力に進めようとしている。新型コロナウイルスの感染拡大によりオンライン手続きやテレワークのニーズは急速に高まっており、行政も対応を迫られている。そこで、日経グローカルが総務省の「地方公共団体における行政情報化の推進状況調査」の回答データを用いて自治体の「電子化推進度」を独自にランキングしたところ、市区町村のトップは大阪府豊中市、都道府県は茨城県だった。(日経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3277文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン