/

日銀「経営陣は知見獲得を」金融機関のクラウド管理

日銀は26日、金融機関がクラウドサービスを利用する際のリスク管理上の留意点をまとめたリポートを公表した。インターネット上で様々なサービスを使えるクラウドはコストや導入の手間が少なく済む半面、セキュリティーの確保が課題だ。銀行の経営陣が「一定の知見を有する必要がある」と指摘した。

日銀はクラウドの利用にあたり、実効性のあるセキュリティー対策や管理体制のほか、メンテナンスや障害によるサービス停止が生じにくい工夫を求めた。「適切にリスク管理をすれば、必ずしもリスクが高いわけではない」と指摘した。

金融情報システムセンターによると、クラウドサービスを利用する金融機関は大手銀行ですべて、地方銀行で8~9割に上る。一部の銀行では預金口座などを管理する勘定系システムでクラウドに移行する動きもあり、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進むなか管理体制の構築が金融機関の経営上の課題になっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン