/

この記事は会員限定です

データ活用のマーケティング(11) 活用と制限のバランス

中央大学教授 生田目崇

[有料会員限定]

ICカードやQRコードを使ったキャッシュレス決済が広がっています。事業者が大々的なキャンペーンを展開し顧客を囲い込むのは、消費者のデータが新たな革新的サービスや事業の源泉だからです。

キャッシュレス化が進む理由としては、決済データの利活用があげられます。中国・アリババ集団の傘下企業が提供するアリペイは、利用者の行動データや購買データから各顧客をスコアリングし、個人向け融資枠を自動設定するサービスも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン