/

自民部会「中国外相の尖閣発言に反論を」

自民党は26日、外交部会などの合同会議を開いた。沖縄県尖閣諸島を巡る中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相の発言に茂木敏充外相が明確に反論すべきだとの意見が相次いだ。日本の立場を発信するよう訴える決議をまとめて外務省に申し入れると確認した。

王氏は来日中の24日、日中外相会談後の共同記者発表で「日本の漁船が絶えず釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の敏感な水域に入っている」と述べた。日本側が「事態を複雑にする行動」を避けるべきだとも主張した。

先に発言した茂木氏は「中国側の前向きな行動を強く求めた」と強調していた。

会議の出席者から茂木氏が王氏に即座に言い返すべきだったという指摘が出た。記者発表は招かれた側の王氏が茂木氏の後に話す仕切りで、質疑応答もない。外務省は「ルールとして反論するような場ではなかった」と説明した。

王氏は25日の菅義偉首相との会談後に尖閣周辺の日本船を「偽装の漁船」とも表現した。

加藤勝信官房長官は26日の記者会見で「中国側独自の立場に基づくもので、日本政府としては全く受け入れられない」と訴えた。「日本の漁船がわが国の法令にのっとって活動するのは何ら問題ない」とも言明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン