/

この記事は会員限定です

九州の観光投資、視線を先へ 富裕層など照準

九州・沖縄経済特集

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍によりインバウンド(訪日外国人)を中心に宿泊客が減少した九州・沖縄のホテル・旅館業界も、防戦一方ではない。域内外の企業による、終息後を見据えた積極投資が相次いでいる。

星野リゾート(長野県軽井沢町)は計画中を含め、九州では3県で5施設の運営を予定している。

その一つ、温泉旅館「界 由布院」(大分県由布市)は客室棟や離れなどで構成し、客室数は45。2022年夏の開業を目指している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン