/

この記事は会員限定です

都中小振興公社の創業支援拠点、起業教育で大学と連携

潜望展望

[有料会員限定]

東京都中小企業振興公社が運営する創業支援組織「TOKYO創業ステーションTAMA」(東京都立川市)が、都内の大学と起業教育で連携を強めている。大学側に次々と起業経験者を講師として派遣。若年層の創業支援を強化したい公社と、社会に出た後も役立つ知識を学生に身につけさせたい大学側の思惑が一致した。

東京農工大学(府中市)で11月4日、大学院生が創業ステーションTAMAから派遣された講師、松井みさき氏の講...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン