/

この記事は会員限定です

ダイヤモンド市場、じわり輝き戻る 中国・富裕層需要

国際相場に底入れ感

[有料会員限定]

ダイヤモンド市場に輝きが戻り始めた。10月に国際相場が反発し、新型コロナウイルス禍で急落した相場に底入れの兆しがみえてきた。都市封鎖の緩和が早かった中国などで需要が戻りつつあるほか、大規模な財政・金融緩和で富裕層の購買力が増したためだ。重量あたりの価値が高く、最も凝縮された富の形態とされるダイヤに富裕層の資金が向かいつつある。

ダイヤ市場は世界全体で約800億ドル(8.4兆円)規模とされる。原石の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン