/

パナソニック、「ジアイーノ」生産倍増 21年度

「ジアイーノ」の需要が伸びている

パナソニックは26日、除菌脱臭機「ジアイーノ」の生産台数を2021年度に足元の2倍に引き上げる計画を明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大に伴う室内環境への意識が世界的に高まっており、米国や東南アジアでの販売も始める。25年度には足元の5倍にあたる500億円規模の売上高をめざす。

同日、傘下のパナソニックエコシステムズ(愛知県春日井市)の小笠原卓社長が事業説明会で明らかにした。米国市場での需要に対応するため、換気扇などの生産を手がけるメキシコの工場で新たにジアイーノの生産を始めるという。

ジアイーノは現在、パナソニックの子会社「広東松下環境系統」が中国・広東省に新工場を建設中。パナソニックエコシステムズの春日井工場(同)でもラインを増設し生産能力を前期比3倍に引き上げている。米国向けの生産を加え、21年度には生産が倍増する。

ジアイーノは内部で次亜塩素酸を作り、取り込んだ空気を除菌・脱臭する装置。コロナ禍での需要が急拡大したため、今春に一旦受注を停止していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン