/

この記事は会員限定です

国民年金「未納」を避ける 収入減なら免除を検討

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、収入減に直面する人が増えている。家計が厳しいときに支払いを後回しにしたくなるものの一つが国民年金保険料。老後のほか、障害を負ったときなどの備えだが、ただ払わずにいると不利益になるケースがある。困ったときには納付の免除や納付猶予の申請をしたい。

国民年金は国の公的年金制度で20歳になると全員に加入が義務付けられる。基礎年金とも呼ばれ、毎月の国民年金保険料(2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1585文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン