/

この記事は会員限定です

携帯料金引き下げ問題 迷走する総務省の戦略

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

「多くの利用者が契約しているメインブランドでは新プランが全く発表されていない。これは問題だ」

武田良太総務相の定例会見での発言が「失言ではないか」と通信業界内で波紋が広がっている。

菅義偉首相ならびに武田総務相が就任以来、注力し続けている携帯電話料金の値下げ問題。早期に料金値下げを実現しようと、総務省では10月27日、武田総務相が自ら「アクション・プラン」とよばれる施策を発表した。番号持ち運び制度(MN...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン