/

この記事は会員限定です

欧州で大会参戦 勇気づけられたコロナ下の開催

[有料会員限定]

新設された競泳大会「インターナショナル・スイミング・リーグ(ISL)」に参戦する「東京フロッグキングス」のゼネラルマネジャー(GM)として、ブダペストに1カ月ほど滞在した。

高額賞金がかかったISLは2019年にスタートし、世界的な選手の75%以上が参加する。国際水泳連盟でなく独自の団体の運営で、今年は約30選手ずつ10チームに分かれて出場。各レースの順位ごとにポイントが与えられ、チーム得点で勝敗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン