/

この記事は会員限定です

2050年脱炭素、メタン・水素カギ 変わる燃料ビジネス

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

菅義偉首相は11月21、22日にテレビ会議方式で開いたG20(20カ国・地域)リヤド・サミットで、「2050年カーボンニュートラル」の実現を目指す方針を世界に向けて改めて表明、世界の気候変動対策を先導する決意を示した。二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにするには、CO2を回収しリサイクルするカーボンリサイクルが不可欠だ。カーボンリサイクルは技術的にはメドがついているものの、実効性のある規模にするの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2365文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン