/

この記事は会員限定です

賃上げ要求「2%までの幅」、UAゼンセン 21年春交渉

[有料会員限定]

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは26日、2021年の春季労使交渉で、「2%までの幅を目標」に賃金引き上げを求める方針を固めた。2%は20年と同水準だが、新型コロナウイルスの影響で業態によって業績に差があるため幅を持たせた。

UAゼンセンには約2300組合が加盟し、179万人の組合員を抱える国内最大の産業別労組で、6割がパートなどの短時間組合員だ。定期昇給に加えて2%の賃上げを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン