/

「天国でボール蹴ろう」 マラドーナさん、世界が追悼

(更新)
ディエゴ・マラドーナさんの死を悼み供えられたバラ(25日、ブエノスアイレス)=ロイター

【ベルリン=共同】元アルゼンチン代表で世界的なスーパースターだったディエゴ・マラドーナさんの訃報を受け、サッカー界は大きな悲しみに包まれた。

「王様」と呼ばれる元ブラジル代表で80歳のペレ氏は「何と悲しい知らせだ。私は大切な友人を失い、世界は偉大な人物を失った」と悲嘆に暮れた。そしてマラドーナさんに語りかけるように「いつか一緒に天国でボールを蹴ろう」とツイッターにつづった。

元イングランド代表のベッカム氏は「私たちに与えてくれたものの大きさ」に感謝しながら「情熱と魂を持ってプレーした純粋な天才にほかならない」とたたえた。

アルゼンチン・サッカー協会は「あなたは、いつも私たちの心の中にいる」と哀悼の意を示し、マラドーナさんが現役時代に活躍したイタリア1部(セリエA)のナポリは「この悲しみを表す言葉がない。今は涙する時だ」との声明を出した。

25日のサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)の全試合では、キックオフ前にマラドーナさんに黙とうがささげられた。マンチェスター・シティーのグアルディオラ監督は「子どもの頃に父親に連れられて(バルセロナ時代の)マラドーナのプレーを見た。彼は世界のサッカーを良くした」と思い出を語った。

1986年のメキシコワールドカップでアルゼンチンを優勝に導いた。イングランド戦では伝説となる5人抜きゴールを決めた=Action Images・ロイター

アトレチコ・マドリードのシメオネ監督は、現役時代にアルゼンチン代表とセビリアで一緒にプレーした経験を持つ。「亡くなったと聞いた時は信じられなかった。虚無感しかない」と神妙に述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン