/

この記事は会員限定です

官僚任せにしない、真の政治主導のあり方とは

経営者ブログ 宮内義彦 オリックスシニア・チェアマン

[有料会員限定]

過去2回にわたり、私が考える日本の政治、社会の底流にある問題点を述べてきました。第3回となる今回は、日本の官僚制度についてです。

日本の官僚制度のルーツは明治維新までさかのぼります。中央集権による新しい国づくりが進むなか、徐々に制度が確立したのです。この制度が100年以上たった今も変わらず存続しています。第2次世界大戦後、ドイツは官僚制度を一から作り直しましたが、日本で解体されたのは軍部だけでした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン