/

この記事は会員限定です

新型コロナ下の長期商戦、根付くか

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は173ドル安と反落し、前日に記録した3万ドルを下回る2万9872ドルで取引を終えた。朝方に発表された新規失業保険申請件数が市場予想を上回り、新型コロナウイルスの再拡大の影響が改めて意識された。26日の感謝祭の休場を前に積極的な売買が手控えられ、値動きは総じて小幅だった。

欧米を中心に新型コロナの感染者が増加するなか、今年の感謝祭は静かなものになりそうだ。ニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン