/

10月の米個人消費支出、0.5%増 6カ月連続増加

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が25日発表した10月の個人消費支出(PCE)は、季節調整済みの年率換算で前月比0.5%増えた。伸び率は前月(1.2%増)から縮小したが、6カ月連続の増加で消費の堅調さを示した。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(プラス0.3%程度)も上回った。

10月の米消費支出は堅調さを維持した(米ニューヨーク州のショッピング・モール)=ロイター

一方で個人所得は、失業保険給付など政府の社会福祉関連の支出が減り、前月比マイナス0.7%と大きく減った。所得の減少は今後の消費に影響する可能性がある。

米連邦準備理事会(FRB)が政策判断で重視するPCE物価指数は、前年同月比1.2%上昇し、伸び率は前月から0.2ポイント縮小した。変動の激しい食品とエネルギーを除くコア指数も1.4%の上昇で、伸び率は0.2ポイント縮小した。前月比ベースでは、いずれも横ばいだった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン