/

マラドーナさん死去 サッカー界のスーパースター

(更新)

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチン政府は25日、サッカー界のスーパースターで同国元代表のディエゴ・マラドーナさんが同日、死去したと発表した。60歳だった。地元メディアは死因を心臓まひだと伝えている。

マラドーナさんは持病を抱えており、今月3日に硬膜下血腫の手術を受けたばかりだった。政府は25日、今後3日間は喪に服すると発表した。

マラドーナさんは1986年のメキシコワールドカップ(W杯)でアルゼンチンを優勝に導いた。同大会のイングランド戦で生まれた5人抜きと「神の手」で有名なゴールはサッカー史に残る出来事として知られる。

1986年のメキシコワールドカップでアルゼンチンを優勝に導いた。イングランド戦では伝説となる5人抜きゴールを決めた=Action Images・ロイター

アルゼンチンではスペイン語で神を表す「DIOS」と背番号10をかけた「D10S」(神様)とも呼ばれるマラドーナさんだが、奇抜な言動でも知られ、生涯を通じて麻薬やアルコール依存症に悩まされた。晩年はメキシコや母国でクラブチームの監督を務めていたが、健康問題などを理由に早期退任するパターンが続いていた。

希代のスーパースターの突然の死を悼む声が世界中から相次いだ。アルゼンチン代表で背番号10を継いだメッシ選手は「ディエゴは永遠だ」として、ツーショット写真をインスタグラムに投稿した。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は25日、ツイッターにマラドーナさんと抱擁する写真を投稿。「あなたは我々を世界の頂点に連れて行ってくれた」として感謝の念と弔意を表明した。

隣国ブラジルからも、ネイマールやペレなど、現役・OBを問わず、早すぎる死を悼む声が届いた。ブラジルサッカー連盟(CBF)はツイッターに「クラッキ(名手)は南米のサッカーへの情熱を拡散することに貢献した」と、宿命のライバルのレジェンドに対し、敬意を示した。

イタリアのナポリでセリエA優勝を達成した(1988年)=AP
2010年の南アフリカワールドカップではアルゼンチン代表の監督を務めた。準々決勝でドイツに敗退後、メッシと抱き合った
1986年W杯メキシコ大会準々決勝のイングランド戦で、GKシルトン(右)と競り合いゴールを決めるアルゼンチンのマラドーナさん。ハンドではないかと議論を呼んだ「神の手ゴール」=ロイター共同

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン