/

この記事は会員限定です

「対中外交、強硬姿勢で」 ラッセル元米国務次官補

米大統領選2020 バイデン氏の戦略を聞く

(更新) [有料会員限定]

――米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領は中国にどんな姿勢をとるでしょうか。

「タフ(強硬)に臨むのは疑いない。同時に有効な手段を探るだろう。バイデン氏は見識の深い政治家であり、実行の人だ。中国との競争に勝つために日本などの同盟国との協調が大事だと確信している。一方で新型コロナウイルスとの戦いや気候変動への対処で、中国と協力する必要があることも認識している」

「トランプ大統領の対中強硬は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン