/

コロナ感染拡大 日医会長「医療崩壊の危機」

日本医師会(日医)の中川俊男会長は25日の記者会見で、新型コロナウイルス感染が拡大していることを受け「全国各地で医療提供体制が崩壊の危機に直面している」と懸念を表明した。政府による観光や飲食業界の支援策「Go To キャンペーン」が、感染予防に対する国民の「緩みにつながった」との見方も示した。

国が公表している各地の病床使用率は、準備が必要ですぐには使えない病床も含めて計算されており、地域によっては「現実は満床状態だ」と指摘。感染者数の増加傾向が強まり「北海道、首都圏、関西圏、中部圏を中心に深刻な状況だ」と述べ、通常の入院が難しくなりつつあるとした。国民に対し、感染予防策の徹底が必要だとして「緩まないでください」と改めて呼び掛けた。

国が公表する病床使用率に関しては「まだ余裕があるように見えるかもしれないが、現場感覚とは著しいずれがある」と言及。「現実には医療スタッフの不足もあり、受け入れ可能病床は満床の状態だ」と訴えた。病床使用率の計算では、準備が必要な病床は含めないよう求めた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン