/

この記事は会員限定です

福岡の養鶏農家「こんなに近くで…」 感染拡大を警戒

[有料会員限定]

福岡県宗像市の養鶏場で25日、鳥インフルエンザ「H5型」の感染が確認された。ウイルスを検出した養鶏場では作業員らが消毒や鳥の殺処分に追われ、周辺道路でも車両の消毒が進められた。県内初の感染確認を受け、養鶏農家らは「対策を徹底するしかない」と警戒を強めた。風評被害を心配する声も聞かれた。

感染が確認された養鶏場の鶏舎周辺は25日、消毒用の粉で一面白く覆われた。数十人の作業員が手分けしながら殺処分後の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン