/

「心配かけてごめんなさい」周庭氏、ツイッターに投稿

周庭氏(右)は23日、初めて収監された

【香港=木原雄士】香港で収監された民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏の代理人は25日夜、ツイッターに周氏のメッセージを投稿した。「心配をかけて、ごめんなさい。私は留置所で元気です」としたうえで「環境に適応しようと努力しています」と記した。

周氏は「皆さんと一緒に誕生日(12月3日)を過ごせることを願っています。待っていてください!」とも投稿した。

周氏は2019年の警察本部を包囲したデモを巡り23日、裁判所から勾留を言い渡され収監された。12月2日に量刑が言い渡される。代理人によると、12人部屋を割り当てられ、眠ることはできたが食欲はないという。

同じく収監された黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏も代理人がフェイスブックに近況を投稿した。独房で24時間電気が付いており、よく眠れないという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン