/

前橋市の群馬県民会館、改修費用30億円 県試算

群馬県の山本一太知事は25日の定例記者会見で、前橋市のベイシア文化ホール(群馬県民会館)を改修した場合の費用が約30億円かかるとの試算を明らかにした。建物の耐震性強化などの費用を計算した。運営費は毎年1億円以上かかるという。

群馬県の山本知事は施設の必要性を再検討すべきだと語った(25日、前橋市)

同施設は1971年に設立された。老朽化などが進んでおり、県は廃止を含めて検討している。山本知事は利用者数が減少していることなどを理由として挙げ、「施設の必要性を再検討すべきだ」と話した。県は2020年度中にも今後の方向性を決定する見通し。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン