/

この記事は会員限定です

神戸大、国産初の手術支援ロボを運用 12月に

[有料会員限定]

神戸大学はメディカロイド(神戸市)が開発した国産初の手術支援ロボット「ヒノトリ サージカルロボットシステム」を使った手術を12月に実施する。2021年4月に次期学長に就く医学研究科長・医学部長の藤沢正人教授が明らかにした。神戸大の国際がん医療・研究センター(神戸市)での実施を予定する。

第1号の臨床適用例は前立腺がんの患者となる見込み。メディカロイドは検体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン