/

この記事は会員限定です

関西広域連合10年、分権社会へ模索続く 防災で評価も

[有料会員限定]

関西広域連合が12月1日、設立10年を迎える。過去10年間で防災対応などで一定の成果はあった。だが分権型社会の実現に向けた成果は乏しい。依然として参加自治体の姿勢に濃淡もある。25日開いた連合委員会で、副広域連合長の仁坂吉伸・和歌山県知事が12月4日に新しい連合長に就くことが決まった。次の10年に向けて企画力が問われる。

同日の委員会後の記者会見で、井戸敏三連合長(兵庫県知事)は「10年間活動を展...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン