/

大戸屋HD、株主優待を拡充 食事券増額

大戸屋ホールディングス(HD)は25日、株主優待制度を拡充すると発表した。500株以上保有する株主には6500~7500円相当の食事券を贈っていたが、2万円相当に変更する。株式の保有期間で優待内容に差を付けることもやめ、保有数に応じて内容を決める。株主優待の魅力を高めて個人株主の獲得につなげる。

2021年3月末を基準日とする株主優待から変更する。例えば、500株以上の株主は2万円相当の食事券か精米15キログラムを選べるようになる。これまでは保有期間が3年未満の株主に6500円相当の食事券または精米5キログラム、3年以上には7500円相当の食事券または同5キログラムと保有期間で差を付けていた。今後は保有株数のみを基準に優待内容を変える。

同日、大戸屋HDは21年2月に臨時株主総会を開催すると発表した。株式の発行に関わる定款の変更などの議案を検討している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン