/

この記事は会員限定です

塩ビ輸出価格4~9%上昇 インド向け、運賃高騰が波及

[有料会員限定]

パイプや建設資材、雑貨などに使う塩化ビニール樹脂の輸出価格の上昇が続いている。インドや中国のインフラ関連の引き合いが強く、12月積み価格は前月比4~9%上昇した。塩ビ樹脂を運ぶコンテナ船の運賃が高騰したことを反映し、インド向けの上げ幅が中国向けより大きくなった。

日本の塩ビ大手の12月積み価格(CIF=運賃・保険料込み)はインド向けが1トン1300~1320ドル程度と、前月に比べ50~110ドル高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン