/

この記事は会員限定です

三菱電機、交通横断型の新事業 AIで駅の混雑予測

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

三菱電機は鉄道や道路などを担う社会システム事業で複数の事業を掛け合わせた新ビジネスの創出に取り組む。横断組織で住民や消費者も含めた顧客の潜在的なニーズを掘り起こすのが狙いで、第1弾として鉄道車両内の混雑度を予測する実証実験を静岡市と始めた。自動運転技術を使った配車サービスに加え、センサーや衛星技術を使った防災・減災のサービス開発にも着手した。

鉄道や道路など多岐に

「既存の延長ではない新事業をやるために横断的な組織を立ち上げた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン