/

ジェイテクト、役員3割減 1月から

ジェイテクトは25日、2021年1月1日付で、役員制度を見直すと発表した。取締役副社長、専務取締役、常務取締役を廃止し、取締役経営役員に一本化する。副社長、専務、常務を廃止するのは2006年の同社設立以来初めて。

従来、役員扱いだった常務役員を幹部職にまとめ、役員と監査役の人数は27人から3割減の18人に減る。役員の階層を減らして人数を抑えることで、意思決定を迅速にする。ジェイテクトは4月にも役員制度を見直しており、執行役員を廃止して常務役員を新設、役員数を46人から4割減らしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン