/

この記事は会員限定です

バイオマス発電「大胆引き上げ」 自民議連が提言へ

[有料会員限定]

自民党の木質バイオマス・竹資源活用議員連盟(河村建夫会長)は26日、木材などを利用するバイオマス発電の拡大を促す提言をまとめる。

政府が2021年夏にまとめる次期エネルギー基本計画で見直す電源構成に占めるバイオマス発電の比率について「数値目標の大胆な引き上げ」を要望する。提言を近く政府に提出する。

日本の19年度の年間発電量に占めるバイオマスの割合は2.8%で、政府は30年度に3.7~4.6%程度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン