/

尖閣「強い懸念」、茂木氏が中国外相に 会談翌日に補足

茂木外相

外務省は25日、茂木敏充外相が24日に中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相と会談した際、中国公船による沖縄県尖閣諸島周辺への領海侵入に「強い懸念」を伝えたと公表した。

茂木氏は会談で中国公船の領海内の滞在時間が過去最長になったことを指摘した。接続水域内の航行、日本漁船への接近などの事例があったことに言及し、中国側に対応を求めたという。吉田朋之外務報道官が記者会見で語った。

茂木氏は24日の会談後の共同記者発表では「中国側の前向きな行動を強く求めた」と会談の内容を説明していた。一夜明けてより強い発言をしていたと補足した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン