/

この記事は会員限定です

事務次官級に民間起用 デジタル庁、司令塔組織に

[有料会員限定]

政府が来年新設する「デジタル庁」の骨格案が分かった。民間人材の活用を柱に掲げ、担当閣僚のほかに事務次官級の「デジタル監」を置く。首相直轄の組織として強い権限を与えつつ、民間の知恵を生かしてデジタル化を推進する。

平井卓也デジタル改革相は24日の記者会見で、民間人の事務トップを検討する方針を示していた。「やり方を根本的に変えるため新しいテクノロジーに相当理解がないといけない」と語った。

デジタル庁の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン